Tokyo Leaders Bank 東京リーダーズ・バンク ビジネスと社会のリーダー、人気講師や著名人への講演依頼、講師紹介のネットワーク・サイト
ご相談は無料です。 お気軽にお問い合わせ下さい。 03-3431-7046 info@leaders-bank.tokyo.jp

青木豊彦(あおき とよひこ)

青木豊彦
講演依頼をする

 現職

株式会社アオキ代表取締役、東大阪市モノづくり親善大使

 カテゴリー

経営・マネジメント・ものづくり・グローバルビジネス

 講師紹介プロフィール

人工衛星「まいど1号」の開発プロジェクト発起人

1945年、大阪生まれ。高校卒業後、父が経営する青木鉄工所に入社
1979年 社名を青木鉄工株式会社と変更し、専務取締役に就任
1995年 社名を株式会社アオキと変更し、
      2代目社長に就任大阪府海外交流研究所、会長に就任
1997年 米ボーイング社の認定工場となる
2002年7月  東大阪宇宙関連開発研究所が設立、会長に就任
2002年12月  東大阪宇宙開発協同組合を設立、理事長に就任
2005年2月  東大阪宇宙開発協同組合理事長退任
2005年4月  東大阪市モノづくり親善大使を拝命
2009年1月  人工衛星「まいど1号」打ち上げ
         有限責任組合「航空宇宙開発まいど」設立、代表就任

●著書
『まいど! 〜宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語』(近代セールス社)

 講演テーマ

・夢の実現…中小企業の空への挑戦
・まいど!元気出してやりまひょ
・中小企業モノづくりの活性化〜あつい心意気こそ人をうごかす〜
・熱い想い、そして実現へ〜中小企業だからできる〜

・モノづくりを通しての東大阪、大阪を世界の楽市・楽座に
・技術を世界に〜関西からモノづくりの再生を〜
・航空宇宙を地場産業に

 講師からのコメント

中小企業が約8000社集まるモノづくりの町、東大阪で「メイド・イン・東大阪」の人口衛星を打ち上げようと、計画をスタートさせた中心人物。2002年7月に設立された「東大阪宇宙関連開発研究会」(東大阪商工会議所)会長。12月には、研究会メンバーのうち5社とともに「東大阪宇宙開発協同組合を設立、理事長に就任、『まいど1号』の打ち上げを目指す。小学校の時に目にしたロケット打上のニュース映画や、大阪万博で見た「月の意志」を通して出会った「航空宇宙」を我が町の活性化のテコとする。もともとチャレンジ精神旺盛で、農業機械の部品製造が主だった父の会社で新分野開拓に努め、ロボット部品や航空機製品への進出を果たした。「モノづくりにはプライドを持たなければならない」との思いは、同社を世界的航空機メーカーであるボーイング社の認定工場に押し上げた、航空宇宙産業を東大阪の地場産業にしたいという夢。「若者がモノづくりに魅力を感じて集まってくる大阪を、世界の楽市・楽座にしたい」と期待する。
『まいど1号』は2009年1月、種子島宇宙センターから打ち上げられた。
講演依頼をする
講師一覧に戻る

Copyright(C) Tokyo Leaders Bank All Rights Reserved.