Tokyo Leaders Bank 東京リーダーズ・バンク ビジネスと社会のリーダー、人気講師や著名人への講演依頼、講師紹介のネットワーク・サイト
ご相談は無料です。 お気軽にお問い合わせ下さい。 03-3431-7046 info@leaders-bank.tokyo.jp

小川和久 (おがわ かずひさ)

小川和久
講演依頼をする

 現職

軍事アナリスト、特定非営利活動法人・国際変動研究所理事長、静岡県立大学特任教授

 カテゴリー

政治・経済・経営・マネジメント

 講師紹介プロフィール

1945(昭和20)年、熊本県生まれ。
少年自衛官、同志社大学神学部(中退)、日本海新聞記者、週刊現代記者を経て日本初の軍事アナリストとして独立。外交・安全保障・危機管理について政府・政党に助言のほか、コンサルタントとして企業(電力、電話、エネルギー、重電、自動車ほか)の危機管理を担当し、上級職国家公務員、自衛隊高級幹部の研修講師を務める。日米安保、中国・北朝鮮などの軍事分析、国際平和協力活動、有事法制(国民保護法)、防災、テロ対策、個人情報保護、ネットワーク・セキュリティ、重要インフラ防護など手がける範囲は広い。
2012年4月から静岡県の危機管理体制の改善に取り組んでいる。
国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、総務省消防審議会委員、内閣官房危機管理研究会主査、海上保安庁政策懇談会委員などを務める。

●主な著書
『それで、どうする! 日本の領土 これが答えだ!』(アスコム)
『東日本大震災からの日本再生』(アスコム)
『もしも日本が戦争に巻き込まれたら!』(アスコム)
『この1冊ですべてがわかる 普天間問題』(ビジネス社)
『14歳からのリアル防衛論』(PHP研究所)
『日本の戦争と平和』(共著:ビジネス社)
『日本の戦争力』(アスコム)
『日本は国境を守れるか』(青春出版社)
『危機と戦う』(新潮社)
『生物化学兵器』(テンペスト社)
『ヘリはなぜ飛ばなかったか』(文芸春秋)
『頭脳なき国家の悲劇』(講談社)
『在日米軍』(講談社)
ほか多数

 講演テーマ

・時事問題
・外交
・安全保障
・危機管理
・企業の危機管理 ほか 

 講師からのコメント

世界の平和があって初めて、日本の安全と世界を舞台とする日本企業の経済活動が可能になる。世界平和を実現し、日本の安全を確立するためには、世界のどこに出しても通用するレベルの危機管理が求められる。時事的なテーマはもとより、政府・企業の危機管理について、豊富な経験と実績を踏まえて実践的な講義を行なう。
講演依頼をする
講師一覧に戻る

Copyright(C) Tokyo Leaders Bank All Rights Reserved.